温活のつもりでやっていることが逆効果になっているかも!

温活ライフ

こんな温活は体に逆効果

手を温める人

寝る前の入浴は逆効果!入浴の正しいタイミング

効果的な温活方法として挙げられることが多い「入浴」ですが、タイミングを誤ると逆に体を冷やす原因になってしまいます。末端冷え性の女性に多いですが、「寝る前にお風呂に入って、体が冷めてしまう前に布団に入る」という方法では、質の良い睡眠をとることができません。体温が上がった状態では脳が覚醒しているため、質の良い睡眠をとるには体温を下げなければなりません。
子供がいる人は分かるかと思いますが、人間は眠くなってくると手のひらが温かくなります。これは、体が体温を下げようと、放熱しやすい手足に体温を拡散している時に起こる現象です。
もし体温が高い状態で眠りに入ってしまうと、質の良い睡眠がとれず血行が悪くなってしまいます。理想としては就寝の2時間前までに入浴を済ませておくようにしましょう。

就寝時に靴下を履く人は要注意!最適な靴下の選び方

寝ている時に足先の冷えのせいで目が覚めた経験がある人は多いのではないでしょうか。そういった経験がある人の中には、温活の一環として寝る時に靴下を履くという人もいるでしょう。この温活は足先が温まりそうな感じもしますが、履く靴下によっては逆効果になってしまうことがあります。靴下のゴムの部分の締まりがきついと、血管が圧迫されてしまい血流が悪くなってしまいます。「足先が冷えるからどうしても靴下を履いて寝たい」という人は、次のポイントに気を付けて靴下を選ぶようにしましょう。

ポイント1:素材
汗がこもらないように、吸湿性・放湿性に優れた「シルク」の靴下がおすすめです。

ポイント2:締めつけ
締めつけの強い靴下は血管を圧迫してしまいます。ルーズソックスのように締めつけが緩いものを選ぶか、もしくはレッグウォーマーを履くと良いでしょう。

このポイントを押さえておけば、足先を冷えから守り質の良い睡眠をとることができるでしょう。

体の中から温めて効果アップ!失敗しない温活のコツ

温活に失敗しないためのコツは、体の中から温めるということです。外から温める方法もありますが、この方法は何かを使って温め続けなければなりません。もちろんこうした方法も重要ではあるのですが、温活の効果をさらに高めるには、体の中から温めることが大切です。
体の中から温める方法としては、食事や運動、サプリメントなどが挙げられます。食事では、血行を促進する効果があるコショウ・唐辛子・ショウガといった調味料や、にんにく・玉ねぎ・にんじん・大根などの食材を意識して食べるようにしましょう。
そして、適度な運動も忘れずに行います。女性は男性に比べて筋肉が少ないので、熱を作り出す力が弱いです。熱を作り出すためには、筋肉量を増やすことが大切になります。まずは、ウォーキングやヨガなど無理なく続けられる運動を取り入れるようにしましょう。
また、毎日の食事で栄養をバランス良く摂取するのは正直難しいでしょう。そんな時に役に立つのがサプリメントです。不足しがちな栄養素を手軽に補うことができるので、食事のサポートとして利用するといいでしょう。